アウディが自動車と合体して飛行するドローンの実験に成功!

Pop.Up Next
画像出典:Audi

渋滞に巻き込まれたとき、あるいは狭い道で対向車とお見合いしてしまって立ち往生してしまったとき
「あ~あ、変形して空飛んでいければ早いのになぁ」
と思ったことはありませんか?

自動車メーカーのAudiが、航空機メーカーのAirbusおよびItaldesign Giugiaroと共同開発した飛行可能な自動車「Pop.Up Next」なら、そんな夢みたいなことでも実現してくれるかもしれません
同社はこの度、かねてより開発中だったのこの「Pop.Up Next」プロトタイプの飛行と走行の実証試験に成功したことを発表しました

自動車合体ドローン「Pop.Up Next」とは

Pop.Up Nextは今年の3月にジュネーブ国際モーターショーに出展され話題をさらった「ドローンと車が合体」する完全自動運転を実現したEVカーです
ちなみにこのプロジェクト自体は歴史が古く、この一年前にも前モデルとなる「Pop.Up」を出展しています

このクルマ(?)は3つのパーツで構成されており、まず人が乗り込むための2人乗りカプセルユニット、続いて地上を走行するための地上ユニット、さらに空を飛ぶための飛行ユニットに分かれています
カプセルユニットが地上ユニットと合体すれば車に、そして飛行ユニットと合体すればクアッドコプターのドローンになるという仕組みになっており、厳密にいえば「車と合体するドローン」というよりは「車にもドローンにもなれる乗り物」というのが正しい表現であると言えますね

Pop.Up Next
画像出典:Audi

ただ開発チームは、遠い将来には地上と上空を自在に行き来し、様々な交通問題を解決する画期的な乗り物になる、とも語っていますので、ゆくゆくは地上ユニット込みで飛行できるような計画もあるのかな? と感じます

「Pop.Up Next」が成功させた実験とは

今回の試験では1/1スケールではなく、1/4サイズで作られたプロトタイプ機が使用されました
実験内容は以下のようなものになっています

まず、飛行ユニットがカプセルユニットと合体して「ドローン」として飛行します
そのままドローンは地上ユニットの上まで飛行し、今度は地上ユニットの上にカプセルユニットを正しく降ろします
そして「クルマ」となったPop.Up Nextは、今度は地面の上を正常に自律走行することに成功した

といった形です

Pop.Up Next
画像出典:Audi

車ごと持ちあげたわけではありませんが、今回の実験成功を受けてAudiは、早ければ2020年代にはこうしたマルチモーダル機を用いて、自動車と飛行機を組み合わせたタクシーサービスを展開できるのではないかと語っています
運用は恐らく以下のようなイメージで

  1. 渋滞のひどい地域や悪路において、お客さんはドローンタクシーに乗り込み
  2. 地上の交通状況が良い地上ユニットステーションまで飛行し
  3. 地上ユニットとカプセルがドッキングした後は、陸路にて目的地を目指す

となるのではないでしょうか

これが実現すれば、ドローンタクシーの抱える「飛行時間が短い」=「遠くまで行けない」という問題を解決してくれることになりますので、期待は高まりますね

「Pop.Up Next」のその他の特徴

このように当面はタクシーとしての活用が見込まれているPop.Up Nextですが、その運航は基本的に全て自律航行が想定されています。つまり運転手さんはいないということですね
そのためPop.Up Nextには以下のようなシステムが装備される予定となっています

  • 大型タッチディスプレイ
  • 音声認識システム
  • 顔認識システム
  • アイトラッキングシステム

これらのインターフェースを使って人とクルマがコミュニケーションをとり、安全な自律運航を実現できるとしています

夢みたいな話だと感じてしまいますが、そんな未来はあとたった数年というすぐ近くまで来ているのですから驚きですね
もちろん日本では法律が追い付かないと思いますので、すぐに採用されることはないでしょうが、このところの政府の無人航空機に対する規制緩和を見ていると、もしかしたら思いのほか早く日本でも「空飛ぶクルマ」が見られる日がやってくるかもしれませんね

関連サイト
Audi公式サイト:https://www.audi.com/en.html
Audiプレスリリース:https://www.audi-mediacenter.com/en/press-releases/audi-airbus-and-italdesign-test-flying-taxi-concept-11019

 

アウディが自動車と合体して飛行するドローンの実験に成功!” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。